地震に強い住宅にしよう

強度を高めておくことは重要

耐震性を調べてもらおう

住宅に関して知識を持っていない素人では、耐震補強工事が必要なのか判断できないでしょう。
ですが大丈夫だと思って、油断するのはいけません。
目に見えていなくても、住宅に問題があるかもしれません。
その時に地震が来たら困るので、早く工事を済ませましょう。
業者に相談すると、まずは耐震補強工事が必要なのか調べてくれます。

専門的な知識を持っている人に調べてもらえれば、正しい結果がわかるでしょう。
強度が少し心配だという結果を言われたら、そのまま耐震補強工事を依頼してください。
しばらくは大丈夫だと言われても、数年に1回はチェックを受けましょう。
地震がいつ起こっても良いよう、住宅を強化しておくことを忘れないでください。

災害はいつ来るかわからない

急に、地震は訪れるものです。
その時に耐震補強工事をしていれば良かったと、後悔しても手遅れになります。
早めに依頼することを、忘れないでください。
耐震補強工事が必要だと思っても、どこの業者に依頼すれば良いのか悩むので、簡単に依頼できないことが多いです。
早く依頼するため、業者の情報を集めておきましょう。

腕前を持っている業者が良いですね。
耐震補強工事に問題があると、住宅の強度を高めることはできません。
悪質な業者は、手抜き工事をする恐れがあります。
もし手抜き工事をされたら、別の業者に耐震補強工事を依頼し直さなければいけません。
費用が2倍になるので、経済的な負担が大きくなります。
事前に信頼できる業者なのか確認しましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る